基本的にアメリカ人は仕事が終わらなくても 「できませんでした」とは言わないですね~。 「目標に対して足りない部分はありましたが、できなかった ことについてはそこからいろいろなことを学びました」 などというように非常にポジティブな表現をします。 われわれ日本人からすれば、できそうもないことにチャレンジする アメリカ人は危なっかしく見えることもあります。 でもこのようなアメリカ人のスタンスは企業成長の原動力に なっているかもしれませんね。 「コツコツ仕事を頑張っていれば上司はきっと見てくれる」 「そのうち大きな仕事を任せてもらえるだろう」という発想は アメリカ人には通用しないですね。 自分から手を挙げないと大きな仕事はもらえないと思ったほうが いいですね。 アメリカ人と仕事をするときは「チャンスは待つものではなく、自分で つかみにいくもの」という意識で取り組んでみてください。