アメリカ人はストレートにものをいうというイメージを
持っているかたいませんか?

「アメリカ人にはガンガンものを言わなければならない」と
思いこんでいる人も多いと思います。

でも実際にアメリカ人と接してみると、この場ではどのような言い方が
適切を本当によく考えますし、英語にも適切な言い方や不適切な言い方はあるのです。

特に日本人は、相手に何かをしてほしい時はPleaseを使って丁寧な
表現をあらわしていると思ってしまいがちですが、命令文にPleaseを
付けても上から目線であることには変わりありません。

何とかしてほしい時の適切な表現は Could you~? Would you~?
あるいはHow about~?という表現を使うのが適切です。