よくカフェレッスンの先生に「日本人のかたはアクセント
がなくて聞き取りずらい」との声があがります。

英単語のアクセントも大事ですが、外国人に伝えるためには
イントネーションを非常に大事なんです。
伝えようとする気持ちを音の強弱でなく、音の長さで表すんです。

音の高低差をつけて、なるべくゆっくり長く→単語の幅を広く
とるのがコツです。

Sweet をスイットではなくスゥイートと表現するようなイメージです。

話すときはイントネーションとアクセントに意識を置いてみてください