外国人、特にアメリカ人は小さい時から褒めて
育てる家庭が一般的なので、自己肯定感を強く持ち
自信をつなげるポジティブ思考が強いので、人と話すときも
自信を持って話します。

アメリカ人と話しをする時は好印象を与えられるように、思いって
普段の自分とは別の、自信満々キャラクターになり切ってしまうのも
英語でコミュニケーション力を高めるための方法の一つです。

英語で音読する時は、できるだけ「アメリカ人の話し方」を意識し
、別人になった自分をイメージして、お腹から大きな声を出すように
しましょう!

日本人の英語がそれっぽく聞こにくいのは、発音の問題より、声が小さく
話し方が平坦で、単語を一つ一つ区切ってしますことがあるからなんです。

細かい発音の正確性にはこだわらなくていいので、イントネーションも
はっきりつけるようにしてみてください。