ジョン・レノンと結婚したオノ・ヨーコさん、
ボストンで活躍した世界的指揮者の小澤征爾さん
アメリカ生活の長いノーベル賞学者 利根川進さん。
皆さん、いずれも英語が堪能な方々です。

でも彼らが流暢に話す英語でさえ、いまだに日本語なまりは
抜け切れていません。
日本語の環境で生まれ育ったのなら、日本語なまりは一生抜けない。
ましてや英語をそこそこにしか習っていない私たちがいきなり
完璧な発音で話そうなんて、夢のまた夢。脳科学的にみても
望みは薄いのです。

であれば、そう、私たちの脳には英語を発音するための脳回路が
できていないのだから・・・と開き直ることも大事なんですね。