自動翻訳機が劇的に普及しようとしている今、その翻訳機に

あわせて日本語の助詞や文節の並び方を押さえてより翻訳機

の精度をあげることに気を遣うほうが大切になってきています。

そんな時代に英会話をレッスンする意味はあるんですか?

ととある会員様から質問を受けたことがあります。

それは直に生身の人間同士でコミュニケーションを取りたい

という本質的な人間の欲求があるんです。

だから英会話教室はなくならないと言われているんです。

翻訳機はツールととらえて活用すればいいだけです。

自動翻訳機が普及していくこれからは、英語が話せないより、

話そうとしないほうが問題になってきます。

ペラペラ英会話を話す必要はありません。

ブロークンな英会話でもいいんです。

とにかく英会話は必要ないと話そうとしないほうがこれからの

時代は問題になってくるのです。

どうしても話す気持ちになれないというかた・・・

世界に目を向けて、英語圏でのリアルな英会話を学んでから

英会話の習得に意識を向けてみてください。