世界の言葉クラブのカフェレッスン中に「自分は変な英単語を使って
いないか」「空気を読んだ単語を使っているだろうか?」と構えて
萎縮してしまう、そんなお考えのかたもいるかと思います。

基本的に英会話では一つのことをいろいろな角度から表現しながら
コミュニケーションをとることが重視されています。

日本では空気を読む、英語圏では空気を作っていく
という感じですね。
これは良し悪しではなく文化の違いなのです。

英会話を心配しても仕方ありません。
まずは思ったことをどんどん口に出していくことを心がけていきましょう!