単語の末尾に「t」「d」「c」が来たときには、
私たちの耳にはほとんど聞こえてきません。

その傾向はイギリスよりもアメリカのほうが強いようです。

とはいっても全く音がないわけではありません。
かすかに「t」など入っているのです。
そんな発音の仕方は無理!というかたはいっそ割り切って
発音しないことにしましょう。
かわりに小さな「ッ」を入れておけばそれなりに通じます。

たとえば驚いたときに日本語で「げっ!」といえば「get」
になるわけですね。