それができれば苦労はしない・・・・
そんな声が聞こえてきそうですが、頭を使わない、この場合の
英語ってどういうんだっけ?
なんて考えずに頭に浮かんだ英語を反射的に発していくレッスンも必要
なんです。
それには、「体のリズムで話す」ということを徹底的にやっていくんです。
この体のリズムで話す訓練は最低限必要なセンテンスはしっかり覚えなければ
なりません。
頭を使わずに、思い浮かぶままに体のリズムで英語を発すればやがて
英語脳に切り替わっていきます。
日本人は日本語→英語という作業を経て英語を話す習慣になっているので、
最初はかなり抵抗があるかもしれません。

でも「頭に浮かんだ英語を発する」を繰り返していくことで、だんだんと
スムーズになります。
ぜひ英語のかべを体のリズムで話す訓練で打ち破ってみてください。