英語や中国語など日本語との大きな違いは「間」なんです。

英語の場合は、一人がしゃべり終わって次の人が話し出すまでの時間が短い「間」がないのが大きな特徴です。

間髪を入れず、次の人が会話の順番を取ってしますので、これから話そうと思っているうちに、置いていかれる場合もあるんです。

会話の中で話す際にはいきなりセンテンスを始めるよりは、ちょっとした単語を入れてから話し出すといいでしょう

「well」「so」 「but」
この会話の習慣を知るだけでも知人との会話にもスムーズに話し始めることができます。

会話の習慣をカフェレッスンの中で練習していきましょう